忍者ブログ

『フリーで勝てる麻雀』販売中

フリーで勝てない人を救済。 牌効率最優先打法はカモに。 簡単な必勝術とトレーニング法をほぼ無料公開。 コツを身に付ければ自然に強くなっていきます。

先リーチにはノータイムで不要牌切り

麻雀を覚えたての初心者のやりがちなこと。

ツモ番に牌をツモる前に手牌を1回確認して考える。

ツモってきた牌と手牌を見比べて、もう1回考え込む。

捨て牌を決めて手牌からつまんでから、他家(の河)を見てさらに1回考える。

初心者の「摸打が遅い」と言われる行為です。

ほとんどの人が経験してるでしょう。

気が短い人が注意します(教える?)。

「手牌は全部見えてるんだから、ツモの前に見ておけよ」

「そして、ここツモならここ捨てると先に考えておけよ」

みなさんもそう思いますよね。



フリーで毎回勝ってると、たまに若い人に質問されます。

「勝つ秘訣は?」とか。

「鉄壁の守備力」と答えてました。

何でも勝負する人というイメージの私が言うので冗談だと思われたかも。

今まで読んだ方は牌理がひとつ身につけば、通せる牌が増えるのは理解できるでしょう。

他の人よりも多くの安全牌を知ってる=「鉄壁の守備力」だと思います。



似たような別の質問もされました。

「麻雀が強くなるには?」

「他家をよく観察する」と答えてました。

「観察してるんですけどねえ」みたいな様子でした。

「全然足りてない」が正直な感想ですよ。

ここで最初の話に戻ります。

リーチ宣言牌(とリーチ)以外の情報はリーチ前にもうオープンされてます。

ツモ前にツモ牌以外の情報がオープンされてるのと同じです。

なら、ツモ後に悩まないと同様に、リーチ後に悩まないように観察する。それだけ。

ここツモならコレ切る。あれ切りリーチされたならコレ切る。

リーチかけられてもノータイムで打牌できますよね。



麻雀牌は34種類。その1種1種についてアレはコレと前もって考えません。

「漠然として」と言うと語弊があるのかな?

「イメージで」「ヴィジョンで」「絵で」「感覚で」対応を考えます。

「感覚が磨かれる」と対応力が上がります。そうですよね。

碁や将棋の実力者は頭の中の盤面で石(駒)を動かせるそうです。

麻雀も同様ですよね。頭の中でイメージを作れる。

まず手牌の13枚。ツモ後の14牌。そこから打牌した13枚。

そのイメージを持てること。動かせることが牌理の第1歩です。

その牌理を身に付ける1番簡単なトレーニング法を教えます。

それが有料版『フリーで勝てる麻雀』です。

現在の私が1番合理的と考えるトレーニングです。

自己流でも大丈夫と思うなら有料版『フリーで勝てる麻雀』を買う必要ありません。

リーチ棒千点出すように、効率的合理的期待値的に得かもと考えるなら買って下さい。

コスパで考えればフリーで出すリーチ棒や場代よりリターンあれば大きいですよ。
有料版『フリーで勝てる麻雀』
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
古家満
性別:
男性
自己紹介:
フリー勝組

忍者カウンター