忍者ブログ

『フリーで勝てる麻雀』販売中

フリーで勝てない人を救済。 牌効率最優先打法はカモに。 簡単な必勝術とトレーニング法をほぼ無料公開。 コツを身に付ければ自然に強くなっていきます。

牌効率最優先打法を極めても初級者

まず最初に『牌効率最優先打法』を定義しておきましょうか。

自分の手牌(特に速度)の効率最優先で先手取れなかったら降りる。

私に定義させるなら、自分の手牌の都合最優先打法です。

段階別に説明することで弱点をあぶりだしましょう。



テンパイ一直線で打つ人。一応は効率良くは打てる人。

将棋で例えると、駒(牌)の動かし方(効率)を覚えた程度でしょうか。

初級者の中でも初心者です。その証拠にフリーでは大赤字のハズ。



次は和了一直線で打つ人。目標が和了になった分は進歩です。

将棋なら駒組を覚えた感じでしょうか。実戦に耐えられる程度。

相手は当然に駒組を崩しに来ます。ここからが実戦ですよね。

場代無料の店が存在すれば、トントンになれるかもですね。

初心者に毛が生えたレベルかな。毛があるから初心者じゃ可哀想かも。



次は、牌効率以外に期待値を覚えた人。

1,000点にすると和了確率60%。2,600点なら30%。期待値なら後者という人。

ついでに、必要な点数に対しての牌効率を考えられる人。

わかりやすく言えば、オーラス満貫が必要なら満貫を効率よく作れる人。

和了じゃなくTOP目標。ここらへんで初級者の中では上半分に入れるでしょう。

牌効率と期待値の計算の制度で真ん中から初級者の1番上までかなあ。

場代を払わなくていいなら浮けるようになるでしょうね。

土日の午後あたりの甘い客が多い時間帯のフリーがお薦めです。

この初級者の最上位でも結局は自分の都合しか考えてないです。

たとえば序盤で、2,600点なら30%でハネ満なら5%の期待値は前者が上。

でも、周りの手が遅いならハネ満あがってTOP可能性上げるべき。

逆に手が早くて大物っぽければ1,000点上がるべきじゃないですか?

そんな打ち方が可能な人は相手を観察できてるということです。

相手を観察できてれば立派な中級者です。



ついでに、河を含めた牌効率で打つ人。

こっちは6種20牌の受入れ、こっちは7種22牌の受入れ後者が多い。

でも、河には後者の受入れ牌が4枚多く捨てられてるから前者を選択。

この選択をノータイムでできる。ポンカスの字牌切るのと同じ時間で切れる人。

ここらで中級者入りかな。自分の手牌だけでなく相手の打牌を気にしてるから。

中級者にならないとわからないでしょうが、何種何牌の計算力は関係ないです。

イメージでとらえます。この感覚もいずれ無料版で解説します。
有料版『フリーで勝てる麻雀』
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
古家満
性別:
男性
自己紹介:
フリー勝組

忍者カウンター