忍者ブログ

『フリーで勝てる麻雀』販売中

フリーで勝てない人を救済。 牌効率最優先打法はカモに。 簡単な必勝術とトレーニング法をほぼ無料公開。 コツを身に付ければ自然に強くなっていきます。

場代払ってもプラスになる

私の考える概算です。店によっても時間帯によっても変わると思います。

仮に25卓100人のお客さんが麻雀を打ってるとします。

その中で場代払ってもプラスの人は10人くらいはいると思います。

場代払ってトントンの人が20人くらいでしょうかね。

残りの70人で全員分の場代とプラスの人の浮き分を払ってる感じですかね。

仲間内の麻雀でもそんな感じでは?

10人居るといつも勝つ人がひとり。均せばトントンがふたりくらい。



勝ってる人は閉店時間か自分が止めたい時間まで打てます。

負けてる人は半荘4回~10回で止めていきますよね。

だからお客さんの実数でいうと、プラスは5%。トントンが10%かな。

つまり、フリーのお客さんの八割以上は負けてるでしょう。

そして、牌効率しか知らない人は八割の中に入ります。

その八割の人が有料版『フリーで勝てる麻雀』にお金出してもあんまり意味ないかも。

まあ、安いので買っておくのも手かもです。



何回も書きます。

あなたがリャンメン面子を捨ててカンチャンで待つ確率は何%くらいですか?

もちろん、捨てた牌の隣を持って来た場合は別です。

牌効率戦法ONLYの人。何%ですか?

リャンメン面子を捨てたリーチは、先スジであろうが後スジであろうが通る。

当たる可能性は数%しかない。理解してもらってますか?

「七対子とかもあるのに」と思いますか?

逆に聞きます。あなたは七対子に手を決めました。

その時に他家にバレるようにリャンメン面子を捨てる確率は何%ですか?

トントン以上に打ってる人は、あなたが現物で降りてもスジ牌をドンドン捨てます。

「リャンメン落としにスジは通る」が勉強になった。

だから寄付と思って有料版『フリーで勝てる麻雀』を買っていただけるなら感謝です。

やがて役立つときもあると思います。



場代払ってトントンに打ってる人。

単純です。浮いてる人はあなたより多く勝負できる場面と牌を知ってるます。

それが飽和点に達した場合。ほぼ全部の牌を捨てられるようになります。

ご祝儀付きの満貫、跳満を打ち込んでも、すぐ取り返せる。

そういう意識になれば浮けます。

逆かも、いつも浮いてればそういう意識になります。

そのためのトレーニング法が有料版『フリーで勝てる麻雀』です。

勝負できる場合を何百通りも解説する情報ではありません。

牌効率の判断を全部書かれても意味ないですよね。

基本が身につくトレーニング法があればいい。

基本は知ってると思います。トレーニング法を書いてます。
有料版『フリーで勝てる麻雀』
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
古家満
性別:
男性
自己紹介:
フリー勝組

忍者カウンター