忍者ブログ

『フリーで勝てる麻雀』販売中

フリーで勝てない人を救済。 牌効率最優先打法はカモに。 簡単な必勝術とトレーニング法をほぼ無料公開。 コツを身に付ければ自然に強くなっていきます。

リーチかけられた時に4シャンテンでも向かっていく理由

麻雀はオリてはいけません。

何でも勝負なのですが、全部勝負じゃありません。

オーラスで2着と僅差のトップ目。そこへ2位からリーチ入りました。

まっすぐ勝負する。もしくは(3着以下に落ちそうなら)ベタおりする。

この2者と並ぶとも劣らぬ作戦があります。

はっきり書くと、4シャンテンでも和了を目標にします。

まっすぐ向かって追いつき捲れそうならまっすぐ勝負です。

そうじゃなさそうな手牌ならどうするか?七対子です。

七対子なら最大限7種類の「打ちたくない牌」を抑えられます。

七対子ならシャンテンあげるのは楽です。

イーシャンテンからテンパイは長いのは認めます。

でも他家の手牌を読めれば山に残った牌の濃淡も読めます。

ですから、フリーの普通の勝組より私のテンパイ確率は大きいと思います。

テンパイしても待ちは1種3牌。追いついても不利です。

しかしリーチをかけたら出やすい待ちにも受けられます。

確かに自分で和了できることは少ないです。

しかし2着のリーチがあがれず流局した場合のテンパイは思ったより多いです。

たとえそれが1/10でもトップを死守できたなら大きいですよ。

形の悪い面子手の2シャンテンなら七対子4シャンテンだと思って向かう。

対子1個なら3シャンテン、2個なら2シャンテンです。

もし対子0個からでもすぐにシャンテンは戻せます。

そしてベタオリに比べて振り込む可能性がそんなに増えるとは思いません。

麻雀のことわざに「常にオーラスと思え」とかありますよね。

私は常に「ベタオリするなら七対子」です。

「悪配牌は1手目からオリ」には「悪配牌は目指せ(ホンイツ)七対子」です。

ホンイツに見せかけた捨て牌の七対子でOKです。

相手が「毎回ハッタリ?」と思ったころに1回和了できたりしますよ。
有料版『フリーで勝てる麻雀』
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
古家満
性別:
男性
自己紹介:
フリー勝組

忍者カウンター